QUICPay

残念な事に現実では極まれな時を例外として商品券の店舗においてクレジットを利用する事が出来る売店はほとんどありません。

そういう事でVISA、MasterCard、NICOSなどの券を運用した遠まわしに使うクレジットカード使用の手法はろくには実際に利用するということはできないなのです。

じゃあどういう技術を駆使すれば直接でないクレジットが出来るのでしょう?と言われるとその方法とはこの頃、たくさんの人に使われている電子マネーという名称のEdy(エディ)、iD、であったりnanacoなど。

実は、そういうものを駆使して間接クレジットをやる事も可能なのです。

Edy、Webmoney、QUICPay、またはSuica、nanacoなどはカードで注文する事ができるギフト券■PASMO、Webmoney、とかnanacoなどに馴染みのない方々から見てみたら、ぼんやりとハードな印象を連想するかもしれませんが、こういう電子マネーという物はいわば商品券です。

NICOSなどの商品券と全くズレはないものです。

その上そういう電子マネーという物はクレジットカードを駆使してたやすく換金することができることが利点の一つです。

またそういう電子マネーは現に、タクシーをはじめとしてドラッグストアや多岐にわたるショップ他においても利用可能なようになっている。

「このお店の物を購入するにはクレジットはご実用にはなれません」といった感じで表記していたような店舗においてもPASMO、Webmoney、だったりSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなどを使うなら用いれる実例が少なくないのです(カードローンポイントがきっちり得られる)。

要約するとクレジットカードが活用できない売店で段階を踏んでカードを利用することで、クレジットポイントをもらえる分を得てしまおうという技術です。

いつも通り高いショッピングをしているだけだと貯まらないカードポイントだから、必ず利用する事をやってみてほしいです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.piverdie-france.jp All Rights Reserved.