そこで数度小さめの失敗

外為の経験の浅い方がFXの勘所を探し出すためには、まずトレードを積み上げる事が大切である。山口孝志

特に、前もって危険を感づくようにするようになるには、間違いを積むことも大切です。山口孝志

ただし、間違いをするといっても、持ち直せないほど決定的な失敗をする事は許されません。

ちょっとした損を何回か実践する事が最後にあなたの経験を増やしてくれる。

この考えではまず最初は少額資金でエントリーして、そこで数度小さめの失敗をすることをおすすめする。

100万円しか投資資金がない場合、はじめに一銭も残さないで賭けて注文すると、ミスした時再起できなくなってしまう怖さがあります。

そのため、ひとつの例として10分の1ずつ分割してトレードを行ないそれによって売り買いを経験した方が着実に負けを埋め合わせる技術なども学んでいくはずです。

はじめにわずかなお金でトレードする事の価値は、先ほど書いたように、体験を増やし、失敗を回避する術を習得していく事にありますが売買の回数を重ねる事で不確実性を減らせるという長所もあります。

一例として、1度の注文で利益を上げられる可能性が5割だとしよう。

すると、同じく5割の確率で負けるリスクもあります。

勝率50%ということは二分の一の確率で利益が上げられる事を表現しています。

しかし、全財産をつぎ込んで売買をするということは勝つか、負けるかのいずれかになります。

そのままではたんに丁半バクチと同じ。

それは全ての財産をつぎ込んで1回だけしか売買しないと、それだけマイナスになる危険性が高まってしまいます。

だからこそ、お金を1度にすべて投資するのではなく何度かに分けて、投資回数を積み重ねる事がリスク分散となります。

そして少しずつ分けたとしてもすべてに勝利する事は不可欠ではありません。

というか、勝利する事が出来ないのが本当のところです。

勝負で必要なのは、勝つ回数ではなく、いくら稼ぐかです。

勝率5割でもたとえそれ以下でも利益を出す事は出来ます。

5割以上負けてもその収益が少額ならば、わずかな勝ちの利益の大きさだけで相当稼げます。

そのために大切な事は損を少なくして、儲けを大きくして忘れない事です。

損失が出たら間髪を入れず損切り注文して反対に勝てる場面では可能な限り大きく稼ぐ事が外為の経験の浅い方がFX投資で勝つための手段です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.piverdie-france.jp All Rights Reserved.